10年という基準

住宅も10年位経つと、いろいろな所に不具合が出てくることもあります。症状が出てわかるものはよいのですが、外壁や屋根というのは劣化に気づきにくいこともあります。しかし、10年くらいになると、塗装が必要になったりと何かしらリフォームが必要になります。見た目にはまだまだ必要でないのではと思うのですが、目で見てわかるくらい劣化してしまうと、その分リフォーム費用が高くなってしまうのです。特に屋根というのは、直射日光や雨、雪などの影響で、汚れや劣化が進みやすいのです。そのため、何もしないで長い間そのままの状態にしておくと、水がしみ込んだりします。そうなる前に、屋根塗装をすることで長く持ち、費用も抑えることができます。

しかし、いざ屋根塗装をしようと思った時、どのくらいの費用が必要か気になります。いくつかの業者にお願いして見積もりを出してもらうのがよいです。その上で、よく比較検討してください。しかし、費用の違いには、屋根塗装に使用する塗料の種類によっても違いがあります。塗料によって、耐久度にも違いがありますし、遮熱効果の違いなどいろいろな種類があります。種類によって、価格にも違いがありますので、どういう塗料をを使用するのかということも確認する必要があります。安く抑えて、こまめに手入れをするのか、少し費用は高くなりますが、耐久性の高いものにするのかよく検討したほうがよいです。また、屋根塗装をする場合には、足場が必要になります。そのため、外壁塗装と屋根塗装を一緒に行うというのも、費用を抑えるためにも考えてみる価値はありそうです。