長く住む

住宅を購入してから10年もするとエクステリアに問題が発生します。エクステリアとは住宅の外観のことを指します。広い意味では、門やカーポート、庭だけでなく、建物の外壁や屋根なども含めます。 エクステリアの重要性は、見た目の問題があります。外からその家を見たときに門が壊れていたり、庭の木がぼうぼうに生えていて見た目が悪い時もあります。 また、外観だけが問題ではなく、その住宅の寿命もまた問題になってきます。 例えば、外壁塗装を10年もしないでいると、見た目が悪いだけでなく、防水性が劣化したり、壁にヒビが入ったりすることで、家を支える柱に湿気が及んでしまいます。それによって、住宅の寿命が大きく縮んでしまうのです。

では、エクステリアの修理をするときに注意するべきことはどんなことでしょうか。 エクステリアをリフォームする場合には、リフォーム業者や工務店に依頼をしますが、中にはいい加減な工事をしたり、高額な金額を請求するところもあります。 このような悪徳業者は、リフォーム関係に多く、最近も問題になっています。悪徳リフォーム業者の見分け方のひとつに、見積もりを数社からとるという方法があります。 数社から見積もりをとる理由は、そのリフォームの標準的な価格がわかるからです。 また、インターネットを活用して、その業者の口コミや評判を調べておくという方法もあります。 このように事前に知識を入れておくのは、悪徳業者が跋扈するのは、依頼主の知識のなさが原因のひとつだからです。