重要性を知る

外壁塗装の重要性はあまり知られていません。これは、外壁塗装をする人が少ない、あるいは外壁塗装をしたとしても数十年に1回のみで、その重要性を知る機会はあまりないのが現状です。 外壁塗装を知らないことによって、その価格などの知識を持っている人は専門家や業者を除いてほとんどいません。 外壁塗装の重要性を知らないことで、住宅にどんな影響を与えるのかがわかりません。これによってますますお金がかかる外壁塗装をしなくなります。もし、外壁塗装をするとしてもどの業者を選んだらいいかもわからないのです。 この「知らない」という連鎖が悪循環を起こし外壁塗装が避けられているのです。 塗装の重要性を知るには今以上にテレビなどで特集をするのが良いかもしれません。

外壁塗装の役割を一度考えてみましょう。多くの人に認知をされるには「塗装をすることで金銭面でお得になる」ということが説明できれば広がっていくでしょう。 木造住宅の場合を例にとると、木造住宅の寿命は100年ほどと言われています。これは諸説があるところですが、500年前に建てられた木造住宅がいまだにあることを考えると、造りとメンテナンスがしっかりしていれば最低でも100年は持つのではないかと言われているのも納得ができるところです。 木造住宅が100年持つとすれば親子3代に渡って住むことができます。ただ、耐震性の問題があるために、外壁の塗装だけでなく、耐震工事も施していかなければならなくなる点は注意が必要なところです。